カードローンの増額は本当にメリットがあるの?実は最小限の利用限度枠が良い!

銀行や消費者金融、クレジットカード会社などカードローンは数多くあります。カードローンとは便利なもので、急に現金が必要になった場合は便利なところがあります。例えば、冠婚葬祭が続いた際は現金の出費が多く、生活費を削っても賄いきれないこともあります。

そこで救世主として活躍するのがカードローンです。カードローンを契約していると、支払延滞がない場合、利用可能枠がアップされることがあります。利用可能額がアップするのは喜ばしい様に感じますが、実際のところメリットよりはデメリットとなり得ます。

多くの人は、カードローンを契約していても借入金額がゼロだと問題ないと考えています。しかし、これは誤った認識であり、契約している利用限度額自体が借入額と認識されます。それは、カードローンはいつでも簡単に利用できることが関係しており、契約している状態だと融資状態と見なされます。

そのため、カードローンの利用限度限度枠は最小限にする方が望ましくなります。例として教育ローンを契約しようとした場合、カードローンの利用限度額が100万円だった場合、教育ローンの限度額が年収の1/3から100万円を差し引いた金額になってしまいます。

カードローンは便利なものの、あくまで借金です。いつでも借りられる状態は銀行や金融業者にとって借金が出来る状態と判断されるため、不用意に限度額をアップしないのがオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です