銀行系カードローンの審査厳しい理由とは?

多くの消費者にとってカードローンは未だに、銀行系商材が優良金融商材イメージが強く残っています。

その理由は、1990年代から2000年代前半にかけ、消費者金融が引き起こした過払い金返還請求および債務整理の増加が今でも影響を及ぼしています。

また、バブル経済崩壊以降にはリーマン・ショックや東日本大震災といった経済情勢の不安定が生じたため、銀行や消費者金融も企業体質が疲弊しています。

特に銀行の場合、企業に貸付した融資が不良債権になるなど、経営を圧迫する要因となっており、経営破断をするものから経営統合により生き残りを図る場合も増えています。

そして、現在では政府が主導する金融緩和やゼロ金利政策により、疲弊を余儀なくされています。

その結果、銀行側もローン契約の申し込みを受けた際は厳しい審査を行うだけでなく、保証会社への保証依頼を行うこととなります。

現在は、日本経済は回復傾向にはあるものの、家計に占める可処分所得は増加していません。そのため、銀行だけでなく銀行から保証業務を委託される会社についても厳しい審査により、契約申込者の与信情報を確認し、支払不能や債務超過といったリスクを回避する必要性があります。その結果、カードローンの審査が厳しくなる傾向にあり、今後も厳しくなる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です